42歳 初めての妊娠36 「26w妊婦健診の翌日、路面凍結で転倒」

こんばんは、ファルコンMの妻です。

今日は、26wの妊婦健診と、その翌日に起きた

アクシデントについて書きます。。。

 

26wの妊婦健診

 

前々回、前回の健診で、お腹の赤ちゃんの胴回りがデカイ、

食べ過ぎなんじゃない?の医師の言葉で落ち込み、

夕飯の量を減らし、胃にもたれない内容にしたり

ウォーキングを毎日欠かさず躍起になってやったおかげで

体重は緩やかな増加で済みました。

(夕食の量を減らす代わりに、朝と昼に分配。

基本的に1日の栄養、カロリーは保てているので、

食事量は変えていません・・・!)

 

が、やはり赤ちゃんの胴回りは、週数より約1週ちょっと大きいまま。

血圧、糖、タンパク、どれも異常なし。

私も夫くんも、標準よりサイズは小さめ。。

これは、この子の体質なのかな、と思うように。。。

 

それよりも。前回、24wの健診では、

子宮筋腫の真横に胎盤が付着している、

出血があればすぐ病院へ、との事だった。

 

今回、その状況は続いているものの、特に出血はなく

順調です、で終わりましたが、

赤ちゃんの向きが、「逆子」な事が気がかりに。。。

 

逆子について、本でいろいろ見たところ

26wくらいで逆子体操をしても

まだ胎内の隙間に余裕があるので

また元に戻ってしまう可能性があるらしく、、、

でも、私の場合は、赤ちゃんの胴回りが大きいのと

子宮筋腫がいくつもある(子宮内が狭くて動きづらい)ので

人より早めにやらないとダメなのでは・・?と少し心配。。。

次回28wの診察まで様子見・・・。

 

寒波による路面凍結で、まさかの転倒・・・!

 

珍しく晴れ間を見せた、健診の翌朝。

夫くんの運転で、スーパーに行った時の事。

 

これまで降り積もった雪は、傍に寄せられていて

乾いたアスファルトに見えたのも束の間・・・・・

 

駐車場に車を止め、車から降りて数歩歩いたところで

急に、自分の足が、自分の意志とは違う方向に開いて

滑っていくのに驚き、これはヤバイ!

と、地面を見たら、アスファルトと同化した氷の世界が・・・!

 

咄嗟に、お腹と尻もちを避けるため

足をスキーのボーゲンのような形に持って行き

膝と手をついて、事なきを得た、、、と思いきや、、

変な足の開きをしてしまったのか

括約筋と、膣に激痛が・・・・・・!!!!!! 泣

 

と同時に、お腹がキューっと張ってきて立ち上がれず、、、

夫くんに介助してもらい、急きょ自宅にトンボ帰り・・・。

 

家に帰ってから、出血、破水のようなものも無い事を確認し、

病院に行かなくても大丈夫と判断、、

ひたすら横になって安静・・・。。。

 

ベッドに横になる時、足を動かすだけで、オマタに激痛・・・!!!

半日横になって、お腹の張りは治ったものの、

オマタの痛みは、その後、3週間続くのでした・・・・・・・・。

 

追伸

転倒の2週間後の健診で、赤ちゃんには問題ありませんでした。ヨカッタ。。

スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です