マラソンでサブ3達成の練習 – 15kmペース走 仲間と走る –

こんばんは、ファルコンMです。

15km ペース走をした。3日前に10km ペース走をしたばっかりで、足の疲れが少し残っていた。

夜だったが、気温が22℃と暑い。湿度も高めだった。

しかも昨晩はあまり寝れていない。体調はあまりよろしくない。最初10km は4’25 /km で走って、そこから体調次第でどうするか考える。

結果

0 – 5 km

4’18 – 4’19 – 4’20 – 4’21 – 4’20  21’38

5 – 10 km

4’22 – 4’22 – 4’19 – 4’20 – 4’22 21’45 ( 43’23 )

10 – 15 km

4’21 – 4’22 – 4’21 -4’22 – 4’05 21’36 ( 1’04’59 )

4’19/km ペース。

実は20km 走るつもりだった。だが5km 走った地点で体調がすぐれず、走る気力がなくなってきたので、15km ペース走に切り替えた。

ラスト1km はペースが上がっているが、その前が全然ペースが上がっていない。

最初から設定ペースより早く走っている。それでもラスト5km がペースが上がっていないのはよろしくない。

今回は体調とコンディションがよくなかった。来週はハーフマラソンなのだが、いいイメージを持って走れそうにない。

走っているとき、モチベーションが下がるのをなんとかできないか?

ロング走をするときは、モチベーションが下がっている。大会でもないのに、なんで朝早くからこんな疲れることやらんなんだめなん?って思ってしまう。

「それならやめればいいじゃん!」って思うかもしれないが、なぜか走ってしまう。この辺の話は別の機会に。

走り始めて5km くらい走ったところで、「もう疲れたし今日は距離数を減らしてやめよう。」と思ってしまう。そして、その通りにやめてしまう。

こう思ってしまうのは自然なことなのか?人間はさぼりたがる生き物なので、当然のことを思っているのだ。

日本代表レベルの選手は、「もうやめよう」って気持ちに打ち勝っているんだろうな。

ただ、完全に打ち勝てなくても、打ち勝ちやすくなる方法を一つだけ知っている。

それは、

マラソン仲間と一緒に走ること。

マラソン仲間と一緒に走ると、きついことに変わりはないが、なぜか最後までやり遂げられる。「疲れたしやめよう」とか思わないし、思ったとしてもその気持ちに打ち勝てる場合が多い。

仲間と走るって不思議だ。最後までなぜか頑張れる。

ペース走も同じくらいで走れる仲間がいるんだったら、仲間と一緒に走ったほうがいいよ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする