42歳 初めての妊娠12 「身体を温める」

こんばんは、ファルコンMの妻です。

結婚する前、試しに妊活する前提だったので、早速始めたのは、体を温める「温活」でした。

身につけるもので温める

まず早速始めたのは、シルクの腹巻をして、シルクの5本指ソックスを履いた上に

もう一枚、綿100%のソックスを履く事でした。

温活を始めた時はちょうど冬だったので、自然に始められました♪

冬の定番となりつつあった暖パンや、もこもこ素材の部屋着

お腹を締め付けない、あったかレギンスと綿100%のレギンス

外出時は足首も冷やさないように、もこもこのブーツを履いて

首都圏では絶対にしなかった服装をして・・・、この冬を越えました。


【5日20:00-10日1:59★全品P5倍】内絹外綿 冷えとり レギンス 冷え取り 10分丈 シルク 綿 天然繊維100% レディース 股下ロング 日本製 841【あす楽】[I:9/10]

温泉とサウナと水風呂

首都圏に住んでいた頃、平熱を上げるため、週2でホットヨガに通っていました。

それと並行して、よく、近くの温泉施設にも通っていました。

いわゆる、スーパー銭湯というところです。

関東特有の、茶色の湯の花が浮く天然温泉と炭酸泉、サウナがあり、

いつも、シャワーで洗った後

炭酸泉に5分→源泉に10分→水風呂(浸かるだけ)→

サウナ(体調によって6~10分)から水風呂(30秒~数分)

少し休憩の1クールを3回、のパターンで入浴していました。

最初、サウナには30秒も居られなかったのですが、少しずつ、

口にタオルで押さえ、ミネラルウォーターを飲みつつ、、で1ヶ月経った頃には

最低6分は居られるようになりました!

妊娠発覚からは温泉に行かなくなりましたが・・・

温熱マットと、このサウナ入浴の方法で、移住後の寒い日々、

平熱を下げることなく、むしろ上げていくことが出来たと思います!


【ポイント5倍】旅行券 カタログギフト【日帰り温泉】エグゼタイムPart2敬老の日・お中元 内祝い、お祝いに人気のカタログギフトです。記念品、退職祝、二次会景品にもお勧めです。

食べ物と飲み物で温める

30代半ばで大自然の中での生活をしてから、食品添加物に対する耐性が崩れ

ファストフードやチェーンのファミレス系の食事のほとんどを

身体(というか、舌)が受け付けなくなってきたので、手作りランチだけでなく

飲料も、ミネラルウォーターか、自分で煎れたドクダミ茶や、ハーブティー系と

ドリップコーヒーを持ち歩くようになりました(サーモス2本持ち)。

当時は、面倒くさい体質になっちゃったな・・・と思いましたが、

その後、風邪もほとんどひかなくなり、とても快調でした!

今は意識的に、ルイボスティーやジンジャー系の温かい飲み物を、暑い日でも飲んでいます。

(妊娠中、飲まない方がよいハーブティーもあるので、注意です・・・!)

生姜、にんにく、ねぎ、納豆、きのこ等は元々大好物だったので

3食のメニューには必ず取り入れています。

そば、そうめん、うどん等、冷で食べず、温製で食べます。

結婚して、大きく食生活が変わったのは、毎日、米を食べるようになったこと!

子供の頃から米が嫌いで、高校生くらいから、ほとんど口にすることが無かった。

米なしの味噌汁、焼き魚、筑前煮とか、米以外の和食は好きでしたが、何故か米はダメ。

食べた後の、胃腸に長く停留している感じもダメ。

でも玄米は食べられたので、たまに雑穀米等、食べていました・・・。

炭水化物はパンかパスタ(小麦粉)。

ところが・・・夫くんは完全の和食党!

毎日、毎食、ラーメンやそうめんでも併せて米を食べます・・・!!

なので、毎日ご飯を炊くことに。そして別々にするのが面倒になったので、

自分も合わせて米を食べるようになりました・・・・・・。orz

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする