ジョギングで肩こり解消するためには正しい走り方をする必要がある

こんばんは、ファルコンMです。

今日の練習 9.3km ペース約 4’40 /km

雨が降りそうだったが、外で走った。雨は降らなくてよかった。大殿筋を意識した走り方のおかげで、フォームが変わったみたいだ。。

さて、今日のテーマは・・・

ジョギングをしたら肩こりは解消されるのか?

「運動しているから肩こりは無縁でしょ。」と言われたことがある。

世間の常識は、運動している=肩こりがない ということなのだろうか?

私は、ジョギングをやっている。( と言っても、100km マラソンやフルマラソンを走っているが) 立派な運動だ。

だが、肩こりは解消されなかった。

理由は分かっている。

良い走り方ではないから。

走りながら首や肩に力が入っていると感じる。

「いやいや、ジョギングしたら肩こり解消になるでしょう。運動しているんだし。」と突っ込まれる。

だが、正しい走り方をしないと、肩こり解消には、あまり効果がない。

肩こり解消するための正しい走り方はどんな走り方なのか?

それは、首、肩の力を抜いて走ること。すなわち、脱力して走ること

肩甲骨を意識しても肩に力が入ってしまっては、あまり肩こり解消にはならない。肩に力が入ってしまうと、肩こりが進行する恐れもある。

脱力したうえで、肩甲骨を動かす走りができれば、肩こり解消になる。肩甲骨をよせるイメージ。

私も過去できていなかった。首、肩に力が入ったまま走っていた。その状態で走っていても肩こり解消はされなかった。

ある時から、脱力を意識し始めた。

マラソンの講習会で「肩甲骨がよりすぎている。もっとリラックスして走ろう。」とアドバイスを受けた。

そこから首、肩の力を抜いて脱力することを意識するようになった。肩こりも解消された。

首、肩に力を入れなくて、そのうえで肩甲骨が動いている走り方ことが、理想的な走り方なのだ。その走り方ならば、足の力だけでなく上半身の力も使えて、疲れにくい走り方ができるだろう。

ついでにストレッチもやってみよう

私は走り終わったら、ストレッチをしている。肩回りのストレッチをすることで、肩こり解消になる。正しい走り方のジョギングと同じくらい、ストレッチも効く。ストレッチのほうがジョギングよりも難易度は低い。

練習のクールダウンにもなるし、一石二鳥。

走りとストレッチで肩こり解消をすることは夢ではない。

パソコン関係の仕事やっているし、ジョギングとストレッチで肩こり解消できんかなあ。

痛み・故障ゼロ! がんばらないで楽に長く走る脱力フルマラソンメソッド【電子書籍】[ 鮎川良 ]


世界一伸びるストレッチ [ 中野ジェームズ・修一 ]

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする