積雪時は陸上競技場がスケートリンクになる!スピード練習は危険

こんばんは、ファルコンMです。

東京マラソンでサブ3達成するために、陸上競技場で練習をした。

積雪があったが、陸上競技場のトラックは除雪されているはずなので、夜練は大丈夫かなあと思っていたが、、、

いつも通りスピード練習できるかなあと思っていたが、、、、

甘く見ていた。

全然スピード練習できなかった。

陸上競技場の状態

  • 外気温 0~1℃
  • 曇り
  • 積雪5~10cm
  • トラックは除雪されている。

雪融け水が凍結してすべる

トラックは除雪されているが、真ん中の芝生のところは雪が積もったまま。

そこから雪融け水がトラックに流れ込んでいた。

練習する時間帯の夜は、その雪解け水が凍っていた。

まるでスケートリンクのようだった

凍ったところを走るのは凄く危険だ。

スピードを出しすぎると転ぶ恐れがあった。

スピード練習なんてできる状況でなかった。

トラック以外で除雪されていない雪の上を走るほうが、滑って転ぶ恐れがない分、走りやすかった。

積雪があって、気温が低い時は、陸上競技場のスピード練習は危険だ

コース変更するときは要注意

それでも予定通りスピード練習をした。

3km – ( 400m ジョグ ) – 2km – ( 400m ジョグ ) – 1km

  • 3km 4’20 – 4’15 – 4’10
  • 2km 4’00 – 4’00
  • 1km 3’45

この後、400m × 5をする予定だったが、とてもできる状況ではなかった。

400m × 5 は泣く泣くやめた。

人が走った後は雪が融けていて何とか走れた。

だが、コーナーなどは完全に凍結している状態だった。注意して走る必要があった。

特に、ランナーを追い抜くとき。

コース変更をして追い抜くが、コース変更した直後にすべる可能性が高くなる。雪道で車が急にハンドルを切ると危険なように、ランナーも同じなのだ。

ランナーがいないといいのだが、こういう日でも走りたいって思う人はいるのだ。

今回はなんとか転ばすに走れたが、ものすごく注意が必要だ。いつもと違う筋肉を使うことになるだろう。マラソンに必要ない筋肉なので、鍛えないほうがいいかも。

結論

積雪時は、トラックが除雪されていても、陸上競技場で走らないほうがいい

スピード練習しようと思っても、すべって転ぶ恐れがあるので、スピードが上げられない。

無理してスピードを上げて転んでしまって怪我をしたら元も子もない。

やるとしたら、スピードを落としたペース走だろうか。5’00 くらいで10km 走ならばたぶん大丈夫だろう。すべって転ぶリスクは大分軽減される。

もしくは、除雪されていない雪道でLSD をするか。これならば、すべって転ぶことはない。

積雪時の陸上競技場では、練習できないこともないが、スピード練習は非常に危険だ。

やらないことをお勧めする。

今回は強引にやってしまった。怪我しそうでびくびくしながら走った。

次回はスピードを落としたペース走をしようかな。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする