OMM 2017 初挑戦 – 3つの反省点-

こんにちは、ファルコンM です。

OMM 2017 StraightB クラスに初参加。

初挑戦だったが、上位に食い込むことができた。

だが、反省点もある。

1. 2日目朝、ハイドレーションが凍ってしまった

2日目の朝、スタートは6:15 くらい。

スタートしてからすぐハイドレーションのストロー部分が凍ってしまった。

スタート前は凍っていなかったのに。

もう少し早く凍っていれば対応はできたのだが。。。スタート前が寒すぎて、テント片付けてからスタートするまでの10分間で凍ってしまったようだ。

頑張って吸い込んで水を飲もうとするが溶けない。しかも、高地なので頑張って吸い込むと息が上がる。

1時間半~2時間走って、ようやくハイドレーションが使えるようになってきた。

この間、水が飲めないというのはきつすぎる。( 一度ハイドレーションのタンクから直接水を飲んだ )

結論としては、ハイドレーションは使わないこと。使うならば、凍ることも想定しておくこと。

2. レース中の補給が上手くできなかった

1泊するときの食料ばかりに気を取られて、レース中の補給のことをあまり考えていなかった。

明らかにジェルが足りていなかった。もしくは、ザックのポケットに入れていなかった。

OMM のレース中は、途中でクッカー使った料理はしない。トレランと同じように、走りながらささっと補給する必要がある。走りながら補給できるようにしておく必要がある。

目安としては、1時間に1つジェルを使うくらいか。

私は過去にこんな記事を書いている

こんばんは、ファルコンMです。 私が初めて100km マラソンを走った時のこと 「10km 間隔でアミノバイタルを一袋飲...

だが、これは100km マラソンの場合であって、OMMは100km も走らない。9時間以内だ。

このくらいなら、1時間に1つジェルを使っても胃は大丈夫だ。

それよりもエネルギー切れで走れなくなったり、山で正常な判断ができなくなることのほうが恐ろしい。

装備は重くなっても走っているときの補給はしっかりするべき。ザックを下ろさなくても補給できるようにする。

3. ザックを担いで走る練習をしていなかった

ザックを担いで走るのは、担がないときに比べて、倍以上に負荷がかかる。( 当たり前 )

私は2週間前のマラソン練習に気を取られていて、あまり練習していなかった。

UTMF で担いで完走しているので大丈夫だろうと思っていた。

だが、現実はあまくなかった。

UTMF のときよりもザックは重かった。7~8kg はある。もしくは超えている。

練習していないので、全然走れていなかった。肩が痛くなりだすと歩くのもつらい。

ザックを担いで走るには、走るのに必要な箇所の筋力を鍛えておく必要がある。足だけでは走れない。

マラソンでは、その筋力は鍛えられない。

どこの筋肉を鍛えればいいのかはおいおい考えることにしよう。

山が望ましいが、平地でも街中でも陸上競技場でも、ザックを担いで走る練習は必要!10~20km くらいは一度やっておきたいところ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする