OMM 2017 初挑戦 – -10℃のキャンプに耐えた3つのアイテム –

こんばんは、ファルコンM です。

OMM 2017 Straight B クラス に初挑戦。

キャンプ地は、長野県野辺山高原の牧草地。

夜は、-10 ℃まで下がったらしい。

天気は晴れ。

風速は2~3m くらいか。

だが、キャンプ中は、そんなに寒さを感じなかった。

寒さを感じなかったのは、キャンプ用に持って行った3つのアイテムのおかげ♪

キャンプ時の3つのアイテム

テントは、カミナドーム2


【ポイント13倍】ファイントラック finetrack カミナドーム2品番:FAG0312【送料無料】【大決算SALE 10/20/10:00〜12/4/9:59】

ペグ8本も含めて総重量は、1280g。軽い方だ。

だが、テントの中と外では暖かさが違った。テントの中のほうが、5℃くらい暖かく感じた。

人が2人入っても狭く感じない。

寝袋は、イスカ ISUKA エア450X


【ポイント13倍】イスカ ISUKA エア450X ショート 品番:148912/ISUKA【送料無料】【大決算SALE 10/20/10:00〜12/4/9:59】

-6℃まで耐えられる寝袋。800g。

これを使えば、寒くはなかった。

だが、少し重くて、大きかった。もう少し軽量な寝袋でもよかった。

エマージェンシーブィブィも使用


AMK(アドベンチャーメディカルキッツ) ヒートシート エマージェンシーヴィヴィ 12133アウトドア アウトドア スポーツ サバイバル用品 サバイバル用品 アウトドアギア

これは、OMM の必須装備品。緊急時に、体ごと入ることができる。

だが、これは、緊急用だけに使うものだけでない。

キャンプ時に、これを広げて、寝袋ごと入った。

寝るときは、寝袋とエマージェンシーブィブィを一緒に使った。

効果は抜群だった

これらの組み合わせのおかげで、キャンプ時は氷点下-10℃にもかかわらず、寒さを感じなかった。

寝袋とエマージェンシーブィブィを一緒に使ったのがよかったかな。

ちなみに手違いで、マットを持っていくのを忘れてしまった。。。

だが、それでも寒さは感じなかった。

あえて反省点を言うとしたら、思ったよりも寒くなかったので、寝袋をもう少し小さくして軽くした方がよかったこと。

32ℓのザックを使ったのだが、寝袋が大きすぎた。圧縮できるものを使うなり、もっと小さい寝袋を使うなり工夫を必要だ。

ちなみに、着ているものは、

上 : レインジャケット、ライドダウンジャケット、ベースレイヤー、Tシャツ

下 : レインパンツ、ブレスサームアンダーウェア、ウールの靴下

もちろんかなり着込んだが、それでも-10℃のキャンプに耐えられたのは、紹介した3つのアイテムのおかげだ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする