OMM でタイムを狙うためにはオリエンテーリング大会に出ること

こんばんは、ファルコンM です。

OMM 2017 Straight B クラス に参加。

初挑戦だったのですが、かなり上位だった。

私は学生時代はオリエンテーリング部に所属しており、ほぼ毎週地図読みながら山を走っていた。その経験が生かされた。

OMM Straight の上位入賞者は50%以上がオリエンテーリング出身

Straight の表彰式を見ていたが、表彰台に登っているのはオリエンテーリングの人が多いなあと感じた。オリエンテーリングがっつりやっている人ならば、絶対聞いたことある名前だ。( オリエンテーリングの世界は狭いので。)

特に優勝に関わっているのは、全員オリエンテーリング出身者だ。

C で女子ペアが総合3位になっていたが、そのペアもオリエンテーリング出身者だ。

OMM はオリエンテーリングやっている人が圧倒的に有利

オリエンテーリングがOMM に有利なのは間違いない。

走る前から有利と思っていた。

走って確信した。

いくら山の総合力が試されるといっても、成績は2日間のオリエンテーリングのタイムで決められる。

山でキャンプする力、補給する力、も必要なのだが、これらがどれだけ優れていてもタイムには換算されない。

体力があったとしてもオリエンテーリングができなければ、コントロールを見つけることはできない。コントロールが見つけられなければ、失格になる。

多少体力に不安があっても、オリエンテーリング出身者は、オリエンテーリングで挽回できる。

オリエンテーリング出身者は地図読み能力が桁違い

私は学生時代は、シーズンになれば毎週オリエンテーリングをやっていた。

合宿では、毎日山に入っていた。コントロール設置、撤収もやっていた。

山に入らないときでも、毎日自分でコースを作って、地図読みをやっていた。

さらに、その地図を片手に持って、地図読みランをやっていた。

これは、私の場合だが、やっている人はもっとやっている。

登山者やトレイルランナーで、これだけ地図読みをやっている人はいないのではないだろうか?

これだけやっていれば、地図読み能力は嫌でも身につく。

OMM でタイムを狙うためにはオリエンテーリングの大会に出る

OMM でタイムを狙うということは、そんなオリエンテーリング出身者に勝つということになる。

OMM はマラソンと違って、サブスリーやサブテンとか入ったタイムの基準がない。トップ選手がタイムの基準になるのだ。だからタイムを狙うということは、オリエンテーリング出身者とタイム勝負をしなければならない。

では、どうすれば勝負できるようになるのか?

オリエンテーリング大会に出るしかない

OMM 向けの講習会はいろいろと開催されている。とっかかりはそれで十分だ。だが、あくまでとっかかりだ。

タイムを狙うなら実践をたくさんして、経験を積まなければならない。

一番手軽に経験を積めるのは、オリエンテーリング大会に出ることだ。

上記ページを見ていてわかると思うが、オリエンテーリングの大会は毎週どこかでやっている。

そこで、経験を積むことができれば、OMM でタイムを狙うことができる!


オリエンテーリング 地図を片手に大地を駆ける/日本オリエンテーリング協会【1000円以上送料無料】

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする