アフリエイトをすることは学校の優等生の思考から抜け出すチャンス!

こんばんは、ファルコンM です。

突然ですが、

学校の優等生はアフリエイトで収益を上げられない

理由は、

アフリエイトで収益を上げるためには、与えられた課題をこなすだけではダメだから。

学校の優等生とは、いわゆる成績がいいやつ。テストの点数でいつもいいやつ。

小学校から大学の教育は、与えられた課題に対して正解を回答することを基本にした、優等生の思考にさせることだ。

小学校の授業では、テストでいい点を取ること方法を教えられる。

高校の授業では、入試で合格するために暗記する。

大学の講義では、単位を取るために過去問を必死で覚える。

大学の研究室では、教授に言われた通りの論文を書く。

これらはすべて、与えられた課題に対して正解を回答することしかやっていない。

学校の優等生は、このような与えられた課題を素直にこなしていくことが得意だ。

優等生は、いい大学に行って、いい大手企業に就職する。もしくは公務員になる。

優等生っぽい模範的な進路だ。

だが、こんな優等生はアフリエイトで収益を上げられない。

アフリエイトで収益を上げるためには、与えられた課題をこなすだけではダメだ

アフリエイトで収益を上げるためのヒントは、Googleの検索結果や書籍に書いてあるかもしれない。だが、その書いてある通りやっても収益は上げられない。同じことをやっている人は、星の数ほどいるのだ。その星の1人になるだけだ。

最終的に収益を上げるための方法は、自分の頭で考えて試行錯誤を繰り返していかなければ見つけ出すことはできない。

誰もあなたの収益を上げる方法を教えてくれない。なぜなら、誰も正解を知らないから。自分で正解を見つけなければならない。

考えついた一つのやり方が正しいとは限らない。間違っている可能性のほうが高いだろう。

正しいかどうかなんてやってみないと分からない。やってみてダメだったら、どこがダメだったかを反省し、修正する。試行錯誤する。そしてそれを繰り返す。それを続けていくことで自分にとって一番良い方法を見つけ出す。

それがあなたにとってのアフリエイトで収益を上げる方法だ。

こんなことは、学校では教えてくれない。学校の優等生ほどやっていない。誰かが考えた回答を見つけ出すことしかやっていない。

だが、この思考錯誤を繰り返すことが、社会人で一番必要な力なのだ

与えられた課題に対して正解を回答することを基本にした学校の優等生の思考は、社会人になったら必要なくなる。

むしろ、正解を求めようとするあまり行動することの足かせになってしまう。学校の優等生の思考は邪魔だ。

運の悪いことに、大手企業や公務員では、優等生の思考から抜け出すことはできない。

先輩方も優等生思考だから。

会社に勤めて、残業して疲れて、晩酌して、土日は寝るだけの生活では、優等生の思考から抜け出すことはできない。

アフリエイトは学校の優等生の思考から抜け出すチャンス

なぜか。

それは、アフリエイトは失敗しても失うものが少ないので試行錯誤を繰り返す練習になるから

失敗したとしても、貯金はなくならない。

失敗したとしても、降格することはない。

失敗したとしても、誰かに怒られることはない。

失敗したとしても、家族が路頭に迷うことはない。

失敗したとしても、人生が台無しになることはない。

ただ、時間を失うだけだ。だが、これはどんなビジネスも同じ。

失敗するチャンスが広がっている。

学校の優等生は、ほとんどの人が与えられた課題に対して正解を回答するという思考になっている。

もしその思考から抜け出したいと思っているのならば、アフリエイトをやってみてはどうだろうか?本気で収益を上げようと思ったら、試行錯誤して行動して失敗を繰り返していく方法しかないということにきづくはずだ。



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする