プログラマフリーランス1ヵ月。ストレスが激減した4つの理由。

こんばんは、ファルコンM です。

会社を辞めて、2017年10月からプログラマフリーランス生活。

フリーランスになって1ヵ月が過ぎた。

幸いにも、今までの人脈のおかげで、仕事は切らしていない。

現在2件の仕事を在宅勤務で行っている。

ストレスが激減した4つのこと

通勤のストレスが激減した

前職は車通勤。行きと帰り合わせて、1時間30分~45分かかっていた。

現在は、通勤時間は0分

ストレスが激減したというより0になったというべきか。

  • 渋滞でイライラすることがなくなった
  • 遅刻しそうで焦ることがなくなった
  • 事故を起こす心配がなくなった
  • 朝余裕を持てるようになった

通勤時間0分は、在宅勤務者の最大のメリットだね。

そもそもプログラマなんてやろうと思えば自宅は無理でも朝の渋滞の時間帯に通勤する必要ないのに。

なんで、朝の渋滞の時間帯に通勤して、ストレス溜めて仕事しなくちゃいけないんでしょうね。

会社の人間関係のストレスが激減した

どこの会社にでもいる、自分のモチベーションを下げてくる会社員。( 先に入社した社員に多い。)

私の場合は、趣味でマラソンをやっていたのだが、それについてぐだぐだ言われた。( この話は、また別記事で書く予定。) そんなやつが課長をやっている。

課長!うぜえよ。。。。。

フリーランスになって、そんなストレスが激減した。

だって、フリーランスに趣味のマラソンでぐだぐだ言われることは100%ない。

もし、趣味のマラソンが原因で仕事ができていないんだったら、会社側が契約を切ればいいから。

逆に言えば、どれだけマラソンをやっていようと仕事ができていれば、誰にも文句は言われない。

素敵だ。

ただ、今は勤務場所が会社になっただけで、時間の切り売りで仕事をやっているので、そんなにマラソンやりたい放題ってわけでもない。

仕事と関係ない人間関係でストレスが激減したのは、すごくいいことだ。

勤務時間のストレスが激減した

会社員、紹介派遣社員とも、8:30~17:30 休憩1時間、と勤務時間が決まっている。

勤務時間中に上司が出張でいない場合。

どうしても上司に相談したいが、相談できない。相談すれば仕事が進む。相談できないと仕事が進まない。

相談できなければ、作業効率が落ちる。無駄な時間が発生する。

フリーランスになったらこういった無駄な時間を過ごすことはない

相談できなかったら、別の作業をするなり、休憩するなり、するだけだ。

仕事ができるときにまとめてやればいい。

勤務時間は必ず仕事をしなければならないという、呪縛から解放された。

ってか、店舗で販売やっているわけではないし、プログラマが通勤時間が決まっているのはおかしいだろ。

残業のストレスが激減した

会社員だったらどこの職場でもありそうな、付き合い残業。本当は帰りたいのに周りが帰らないから、自分も帰れない。

「早く帰れ。」って言っている上司が一番残業をしているからたちが悪い。

残業はどうみても効率が悪い。

通常勤務が終わって集中力が切れた状態で仕事をしているのだ。

残業時間の80%は無駄な仕事だろう。

早く帰って次の日の朝やったほうが、仕事ははかどるのに。

フリーランスになったら、残業という概念がない。

付き合い残業なんて、そんなバカなことするはフリーランスはいない。

働き方改革で残業時間を規制するとか言っているが、そんな次元の話ではない。

まとめ

もちろん、フリーランスにはデメリットもある。相談したいときにすぐに相談できないことや孤独な作業に耐えなければならないなど。

だが、そのデメリットがあったとしても、ストレスが激減するメリットは大きい。

ストレスがなくなると、病気のリスクも減るし、仕事のパフォーマンスも上がる。

ストレスで病気になる前に会社員辞めてよかった。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする