フリーランスになって初めての確定申告がややこしい

こんばんは、ファルコンM です。

フリーランスになって初めての確定申告をする時期となった。

初めてでいろいろ不安なことが多い。

だが、それに追い打ちをかけるように、いろいろとややこしい要因が多くなってしまった。

二重確定申告、転職、結婚。。。

契約社員とフリーランスの二重確定申告

私は個人事業主として、去年10月に開業届を出した。

青色申告の届け出も提出した。

正式に個人事業主つまりフリーランスになった。

だが、私はいろいろあって、フリーランスの届け出を出した後、契約社員になった

つまり、契約社員とフリーランスで両方確定申告をしなければならない。

二重確定申告だ。

契約社員分の確定申告は、会社側でやってくれるはず。年末調整の紙の提出求められたし。

なので、私はフリーランス分の確定申告だけすればいいと思っている。

会社員が副業の確定申告をするのと同じ状況なのだろうか?

ややこしい。

去年は転職2回した

先ほど、去年10月にフリーランスになったと書いた。

だが、その前の6月に派遣社員として転職している。

つまり、

  • 2017年1月~5月 正社員
  • 2017年6月~9月 派遣社員
  • 2017年10月~12月 契約社員&フリーランス

となっている。2回転職したことになる

正社員、派遣社員 の時の源泉徴収票は手元にあり、コピーを今の契約社員でやっている会社に提出してある。

つまり、正社員、派遣社員、契約社員分は、会社がうまいことひっくるめて確定申告をしてくれるはず!!!と思っている。

なので、私はフリーランス分だけを確定申告すればよいと思っているのだが。。。

ややこしい。。

去年結婚した

去年、2月に結婚しました

奥さんは妊娠中で働けてないので、扶養家族になる。

奥さんの収入度合いによって、103万、130万、141万とかで申告の方法が違うということを聞く。

まあ、奥さんは働いてないから103万以下は確実。

つまり、扶養家族の申告をしなければいけない。

まあ、それだけだと「普通にすればいいじゃん。」ってなるんだけど。

問題は別にあって、、、

扶養家族の申告を、契約社員の年末調整の提出書類出したとき一緒にやってしまった。

奥さんは妊娠中にかかった医療費の申告もあって、それを私のフリーランスとしての確定申告でやろうとしている。

つまり、扶養家族の申告と奥さんの医療費の申告を別々にやろうとしている。

これって申告って別々にできるのかな。

奥さんの医療費を私が払ったことにして大丈夫なのかな??

ややこしい。。。

まとめ

フリーランスは、年明けの切りのいいところから始めればよかったかもしれない。

その方が、正社員とフリーランスでごっちゃになることがないから。

ややこしい要因が減る。

だが、今更後悔しても遅い。

このややこしい状況のまま、確定申告をするしかない。

時間はかかるかもしれないけど、色々と調べながらやってきます。

2017年、変化がありすぎた年でした。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする