トレランができない環境でUTMFを完走するためのトレーニング

こんばんは、ファルコンMです。

ファルコンM は、トレイルランやってます。

一番印象深かったレースは、何と言ってもUTMF( ULTRA-TRAIL Mt. FUJI )

ウルトラトレイル・マウントフジは総距離165kmにもおよぶ富士山の山麓、登山道、歩道、林道などを走り歩きつなぐ。これまでに例のないアウトドアイベントを通して、挑戦することの大切さと、トレイルランニングの魅力を紹介します。また、360度どこから見ても美しい富士山の文化及び自然環境の素晴らしさを再発見し、国内外に伝えていく...

100マイルの過酷なレース。

ファルコンMは、第3回と第4回で2回とも43時間台で完走。

私は北陸地方に住んでいる。北陸地方では近場にトレランできる山が少ない。しかも、12~3月は、積雪のため山を走る練習はできない。

初めて走ったUTMF は2014年。4月開催。山練習は少ない中で初挑戦。

だが、このような状況でもUTMFは完走できた。

私が、UTMFを完走するために実施したトレイルラン以外のトレーニング方法を紹介する。2018年は春開催なので、参考になるはずだ。

100km マラソンを走る

UTMF を走る権利を持っているんだったら、長距離トレイルランは完走しているはずだ。だが、100km マラソンは走ったことないって人がいるかもしれない。

100km マラソンは走っておいた方がいい。UTMF はロードが多い。前半のロードではある程度スピードを出さないと関門に引っかかる。

私は、100km マラソンは当時は年2回走るようにしていた。練習の成果もあって11時間台で走れていた。

トレイルランよりも速いスピードで長距離走る練習として、100km マラソンを走るといい。100km マラソンは大会でないとなかなか走れないが、自信があるなら個人で走ってみてもいいだろう。

階段トレ

登りを鍛えるならこれが一番効く。オフィスビル内の階段、外の階段、いろいろある。2段飛ばしも効果がある。雨、雪が降っていても階段トレーニングはできる。

私は400段の石段を1日5往復やった。これにプラスして普通の道も走った。足が凄く鍛えられた。

4kgの水を背負って走る

UTMF の場合、装備品を全部入れると、バックパックの重さが4~5kg くらいになる。荷物を背負って走る練習は必要。

私は平日仕事が終わった後、4kgの水を背負って10km 走った。また、週末になると20~30kmを 4kg の水を背負って走った。ロードを走る場合でも、水を背負うのと背負わないのとではスピード感、疲労感が全然違う。

背負って走るのは効果が高い。というか慣れておいてください。

雨、雪の中を走る

UTMF が春開催になったこともあって、夜の山は氷点下近くまで気温が下がることが予想される。そんな中で雨が降ったら低体温症になりかねない。

私はその状況の対策のため雨の日を選んで走った。レインウェアを着て走る練習もかねて。山方面に走っていったら雪が降ってきた。吹雪いて雪もつもり始めてきた。寒かったが、UTMF にはいい練習になった。

どうだろうか?

そんなに特別なことはやっていない。

100km マラソン以外は、いつもやっているジョギングを工夫すればできることばっかりだ。

トレイルランが毎日できるような環境ならよいが、そんな人はほとんどいない。

UTMF を完走するためにはいつものトレーニングを少し改善する必要があるだろう。

忘備録のまとめは↓から

こんばんは、ファルコンM です。 UTMF( Ultra trail Mt. Fuji ) ...

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする