プログラマが上司に相談しない3つの理由

こんばんは、ファルコンMです。

私はプログラマの会社員として、同じ会社で10年間働いていた。

10年間働き続けて分かったこと。

プログラマは上司に相談しないということ。

今回は、相談しない3つの理由を上げる

上司に相談することは悪いことだと思うから

なぜ、そう思ってしまうのか?

小学校の時に、「人に迷惑をかけてはいけません。」と教えられたことを真面目に捉えて、それをずっと引きづっているから

「小学校のとき言われたことなんか忘れているよ。」と思うかもしれない。

だが、小学校で言われたことは心の中にずっと残っているものなのだ。

真面目で素直な人がこう思いやすい。

プログラマは、意外にも真面目で素直な人が多い。

相談したいなあって思っても、上司に迷惑かけないようにするという心理が働く。

相談せずに、自分で問題を解決しようとしてしまう。

説明するのがめんどくさいから

コーディング時、分からないことがあって、上司に相談したいなあって思う。

だが、この場合、説明するのが困難な場合が多い。

最初から説明することはできる。

だが、時間がかかりすぎる。

かといって、簡略化して説明しようとすると、上司から「よく分からない。」って言われる。

メールで伝えようと思っても、文章を書くに時間がかかる。

はっきり言って、説明するのがめんどくさいのだ

上司が理解が早い人だったらまだましだ。

理解力がない上司だったらほんとうにめんどくさい

どれだけ上手く説明しても、「分からんわーーー!!!」って言って怒る。

『部下の説明は下手』と決めつけて怒る上司もいる。

しかも、上司はいろんな部下の話も聞かなければいけないので、こっちが説明したことをすぐに忘れる。

こんな状況だったら説明するのはめんどくさくなるのは、当たり前だ。

上司の方は、部下の話を聞くことができる理解力をもってほしいものだ。

上司が忙しそうと勝手に思ってしまうから

これはプログラマに限った話ではない。

忙しそうにしている上司を見て、「今忙しそうだな。」と勝手に思ってしまい、相談するのをやめてしまう。

上司は忙しい時は、「後にしてくれ」と言ってくれる場合もある。

優しく言ってくれる分にはいいが、怒った言い方をしてくる上司もいる。( 上司が忙しいアピールをしているパターン )

上司が怒ってばかりいると、部下は上司が忙しそうにしているって言い訳をして、相談に来なくなるかもしれない。

まとめ

プログラマが上司に相談しない3つの理由

  • 上司に相談することは悪いことだと思うから
  • 説明するのがめんどくさいから
  • 上司が忙しそうと勝手に思ってしまうから

プログラマはみんな同じように思っている。きっと。

もちろん相談することは、プロジェクトを成功に導くうえですごく大切なことだ。

相談しにくい上司だったら、プロジェクトが失敗する可能性が高くなる。

どうせ会社員として働くんだったら、相談しやすい上司と仕事をしたいものだ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする