物の捨て方 – CD、DVD、BD –

こんにちは、ファルコンM です。

物の捨て方シリーズ。

CD、DVD、BD の捨て方について。

音楽CD、映画などのDVD

まずは、捨てる捨てないの話の前。

買わないほうがいい。

アーティストの大ファンとか、AKB48の握手券がほしいとか、CDの保存用と保管用に10個は絶対買うとか、意思の強い方はここから先は読まないでいただきたい。

とりあえず流行っているし買ってみようかなと思っている人向けだ。

とりあえず、流行っているからとか1回見てみたい聞いてみたいという理由ならば、買わないことをお勧めする。保管する目的がないならば、レンタルで十分ではないだろうか。買ってしまうと、捨てにくくなる。案外、こういうものは愛着がわいてしまうのだ。「せっかく買ったんだからもったいなくて捨てられない」という心理が働きやすい。

買った後どのようにして保管しておくか?ということも考えたほうがいい。

これらのものの捨てる方法は、ディスクだけディスクケースなどに保管して、それ以外の箱などは捨ててしまえばいいのではないか。ディスクのものはすべてパソコンに保存できるわけではない。箱がなくなるだけでも、スペースは稼ぐことができる。もちろん、パソコンに保存できるならば保存して、ディスクなどは捨てたほうがいい。

インストール用のディスク

まず、ディスクでなくインターネットからダウンロードしてインストールできるかを調べてみよう。プリンタドライバはダウンロードできる。

インターネットからダウンロードしてインストールできるならば、ディスクは不要になる。即捨てできる。

ただし、シリアル番号だけは必ずどこかにメモしておこう。シリアル番号は、パソコンを買い替えたときなど、思いがけないところで必要になることがある。

インターネットからダウンロードできないならば、パソコンに保存かディスクだけ保存するかになる。どちらにしても、箱はいらない。インストールディスクは、データ量が多いので、きっとディスクを保存することになるだろう。

どっちにしろ、これらのディスクは、数年したら不要になることが多い。ソフトウェアは日々バージョンアップしていくから。数年だけ保管しておいて、その後捨てればよい。

年賀状作成の雑誌についてくるCD

年賀状を書き終わったら、1ヵ月以内に処分しよう

「いや、CDの中の画像をまた使うときがくるかもしれない。」

「いや、来年も使える画像があるかもしれない。」

たしかに、画像を使いたいってときはあるかもしれない。

ただ、使いたいって思ったときはそのCDを見ない。

Google で画像を検索するんじゃないかな。

CD 出してきて、CDセットして、CD から画像探して、CDから持ってくる。

Googleで画像探した方が速いよ~。

インターネット上に同じような画像はたくさんあるのでそれを使えばよい。著作権の問題がありそうなら画像買えばいいじゃないか。安物だし。

来年使えるためにとっておくのはよろしくない。

来年また買おう。

1年間使わないでおいておくのは無駄。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする