Runnetのクリック合戦でF5が禁止な理由

こんばんは、ファルコンM です。

マラソンブームに伴って、Runnet のクリック合戦が過熱している。

申し込み形式が先着順の場合、人気のマラソン大会に参加するためにはクリック合戦に勝たなければならない。

ところで、クリック合戦で混雑画面が表示されている間に「F5(更新)」キーを押していませんか?

混雑画面が出てからの禁止操作

・ブラウザの[更新]ボタンやキーボードの[F5]キーで画面を更新

Runnet から引用

記載の通り、混雑画面が出ているときはF5キーを押したらダメです!

それでも、混雑画面が出てくるとどれだけ待たされるか不安になる。

「いつまで待てばいいんだ?」

「動かないけど壊れてしまったんじゃないの?」

そう思って、焦ってしまい、ついつい「F5(更新)」キーを押してしまう。

だが、ここはぐっとこらえて、我慢しなければいけない。

決して「F5(更新)」キーを押してはいけない。

待っている方がエントリー画面に繋がる可能性が高い。

クリックしてからエントリー画面に進むまでの流れ

「F5(更新)」キーを押してはいけない理由を説明する前に、クリックしてからエントリー画面に進むまでの流れを説明する。

大会にエントリーしたいときは、Runnet にアクセスすることになる。

ところが、人気の大会の申し込み開始時間では、みんなで一斉にRunnet にアクセスすることになる。人気の大会はすぐに定員に達してしまうから、みんな同じ時間に一斉にクリックする。( クリック合戦 )

そうなると、Runnet では処理が追いつかなくなってしまう。Runnet がパンクしてしまう。( 過去にRunnetがパンクしたことがあった。)

そこで、Runnet は、アクセスしてきた順番で待たせている。

順番にエントリー画面を見れるようにしている。

この待っている間に表示されるのが、混雑画面だ。「あと、30秒、29秒」と更新される画面があるが、それのこと。

順番が進んでやっとエントリー画面を見ることができる。

みんなが順番待ちしているとき誰かがアクセスすると、もちろん最後尾から並ぶことになる。

ラーメン屋で並ぶのと同じような状況。

「F5(更新)」キーを押したら、最後尾から並び直すことになる

そこまで分かったところで、「F5(更新)」キーを押してはいけない理由を説明する。

その理由は、、、

「F5(更新)」キーを押すと、最後尾から並び直すことになるから

「F5(更新)」キーを押すと、Runnet は再アクセスしたと判断する。並んでいた情報をリセットする。

どれだけ待っていたとしても、仮に先頭にいたとしても、再び並び直さなければいけない。

焦ってしまって、ついつい「F5(更新)」キーを押してしまうと、また最初からやり直しになってしまうのだ。それでも、Runnet の混雑画面は変わらない。この辺がややこしい。

ラーメン屋で並んでいるとき、「進むの遅い!」ってイライラして、また最初から並び直しするのと同じことだ。( そんなことするお客さんはいない(笑))

ブラウザで「F5(更新)」キーを押すと、最後尾から並び直しになるので絶対にやってはいけない。

このため、Runnet で禁止事項になっているのだ。

ブラウザのタブでページ数を増やすことも、最後尾から並び直しになる。

「F5(更新)」 キーを押すのと同じことだ。

タブを増やしてアクセスした瞬間、また並び直すことになる。

今まで並んでいた情報もリセットされる。

焦らずじっと待つのが一番

結論だけ言うと、焦らずにじっと待つのが一番だ。

焦って変な操作をすると、並び直しになってしまう。

余計に時間がかかってしまう。

並び直しをしている間に、エントリー終了になることだってある。

もう、あと、1秒待てばエントリー画面に行けたのに、うっかり「F5(更新)」キーを押して最後尾に並ばされてしまった、、、、

非常にもったいないことだ。

ラーメン屋で大人しく待っているように、クリック合戦の時も大人しく待つのが、賢いやり方だ。

以下の記事も参考に

こんばんは、ファルコンM です。 マラソンブームに伴って、Runnet のクリック合戦が過熱している。 申し込み形式が先...
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする