MPLAB X C言語 インクルードパスを追加する方法

こんにちは、ファルコンMです。

やりたいことは、MPLAB C言語で ヘッダーファイルのインクルードをするとき、パスを記述しない。

すなわち、他の統合開発環境でもあるようなインクルードパスの追加ということをしたい。

デフォルトの設定では、ヘッダーファイルのインクルードをする場合、パスを記述する必要がある。

プロジェクト構成

TestProject
|main.c
|header1.h
|headers
|-header2.h

コンパイラ

XC32

このとき、main.c でheader1.hとheader2.h をインクルードするときは、以下のようにコードを記述する。

main.c

#include "header1.h"
#include "headers/header2.h"

int main( void )
{
    return 0;
}

header2.h のインクルード文を書くとき、”headers/header2.h” と書いている。

これを”hedder2.h” と書きたい。

設定方法がややこしかった

Projects のビューから、TestProject を選択し、右クリック。

Properties → XC32 ( Global Options ) xc32-gcc を選択。

Option categories: でPreprocessing and messages を選択。

Include directories を選択。

Include directories で以下を追加する。

.

/headers

絶対パスで記述することもできる。

カレントフォルダは、TestProject フォルダ内。

なぜか、Browse… でフォルダを選択してもパスが表示されない。

直接入力する必要がありそう。

パスの追加は、プロジェクト外のフォルダもできる。

これで設定は終了。

main.c は以下のように記述できる。

main.c

#include "header1.h"
#include "header2.h"

int main( void )
{
    return 0;
}

このように書くことができるようになる。

他の統合開発環境と比べて、インクルードパスの設定方法が分かりにくかった。

できないことはないんだろうなあっと思って、調べ続けていたけど、設定方法を見つけることができた。

英語の統合開発環境はややこしいが、今後も頑張っていこう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする