さくらVPS Ubuntu MySQLWorkbench でMysqlサーバーにssh 接続

こんにちは、ファルコンM です。

さくらVPS にMySQL サーバーを立てたのはいいんだけど、そこからどのように設定していこうか。以下のことをやりたい。

  • データベースのテーブル、ER図とデータベースの連携を図りたい。( エクセルでテーブルの図を書いて、ER図を書いて、それを手入力でデータベースに書き込むことをしたくない。)

それでいろいろ調べてみると、MySQLWorkbench というツールで実現できそうだ。

MySQLWorkbench でテーブルとER図を作って、MySQL のデータベースにそのまま反映させる。

MySQLWorkbench から暗号化なしにさくらVPS のMySQL に接続するのは危険なので、SSH で接続する。その方法について

開発環境

  • さくらVPS 1G プラン
  • Ubuntu 16.06
  • MySQL 5.7.19
  • MySQL Workbench 6.3.9

Ubuntu サーバーの設定

SSH の接続用のユーザーを追加

MySQLWorkbench でアクセスするためのユーザーを追加する。


$ sudo adduser mysqlwork

パスワード、その他情報を適当に設定する。

MySQLWorkbench の設定

Workbench を立ち上げ、新規接続を追加する。

以下の画面が出てくるので、それぞれに値を設定する。

Connection Name : Workbench に表示される名前。自分が分かりやすい名前を設定する。

Connection Method : Standard TCP/IP over SSH を選択する。

SSH Hostname : さくらVPS の標準ホスト名を入力する。

SSH Username : mysqlworkbench

SSH Password : mysqlworkbench のパスワード

SSH Key File : 未入力

MySQL Hostname : localhost

これで 「Test Connection」を押すと、無事接続される。

まとめ

まだ使用はしていないが、MySQLWorkbench を使えば、ローカルで設定したデータベースを反映することができそう。また、テーブル自体を作成することができる。ER図も作成できる。すなわち、MySQLWorkbench がマスターとなって、ER図出力、テーブル出力、MySQL サーバーへのデータ出力ができそうである。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする