UTMF 完走 忘備録

こんばんは、ファルコンM です。

UTMF( Ultra trail Mt. Fuji )

ウルトラトレイル・マウントフジは総距離165kmにもおよぶ富士山の山麓、登山道、歩道、林道などを走り歩きつなぐ。これまでに例のないアウトドアイベントを通して、挑戦することの大切さと、トレイルランニングの魅力を紹介します。また、360度どこから見ても美しい富士山の文化及び自然環境の素晴らしさを再発見し、国内外に伝えていく...

コース距離170km 前後、累積標高差 8000-9000 m ( この辺は毎年変わる )。トレイル、林道、歩道 をつなぐ富士山の周りを走るコース。制限時間は46時間。夜間レースを含む。非常に過酷なレース。

ファルコンM は、第3回大会と第4回大会を43時間台でぎりぎりだが完走している。

第3回大会

コース距離169km、累積標高差 9487m。最初に少しだけ雨が降ったが、それ以外はずっと腫れていた。

景色がよかった。終始富士山がきれいに見えていた。

ゴール手前でたくさんの人が応援してくれた。この瞬間がUTMF で一番楽しかった。

後半は食べ物を受け付けなくなって、ずっと下痢ぎみだった。2日目の夜は、汗で冷えたTシャツを着て走ったのですごく寒かった。

第4回大会

距離 168.9km、累積標高差 7180m。終始雨のレース。完走率が40%台とものすごく低かった。雨天のため、コースが2箇所変更になった。

雨の影響で地面がぬかるんでいた。天子山地の熊森山、雪見山の登り下りでは足を取られた。滑らないように踏ん張ったため、その分足のダメージは大きかった。降ったりやんだりで、上着を着ると暑くなるので、着るものに悩んだ。

その他、今後完走を目指す方のために、いくつかのポイントを上げておく。

装備編

初めて100マイルレースを走る方は装備品は迷う。私もものすごく迷った。特に、第4回大会は天候不良のため、装備品をどうしようか直前まで迷っていた。

装備のポイントを以下のブログに書いた。

こんにちは、ファルコンMです。 ファルコンM は、トレイルランやってます。 一番印象深かったレースは、何と言って...

当たり前ですが、必須装備品は必ず持ちましょう。装備品チェックで失格にならないためでなく、命を守るためです

携帯電話の電源は常にONになっていること。夜は電池の消耗が激しいので注意。

練習編

練習も大事。私は地方に住んでいた。ので、山での練習機会が少なかった。そういう方のためのトレーニング方法を書いたのが以下の記事。

こんにちは、ファルコンMです。 ファルコンM は、トレイルランやってます。 一番印象深かったレースは、何と言って...

ザック編

私が第4回のときに使ったザックについて書かせてもらった。ザック選びも初めて100マイルレースを走る方にとっては悩みどころだろう。ザックが小さいと荷物が入りきらないかもしれない。ザックが大きいと重くなって、邪魔になる。

悩みどころだ。

こんばんは、ファルコンM です。 UTMF は、第3回大会と第4回大会を完走した。 私が、一番悩んだのは、ザック...

おまけ編

第3回大会を走った時、幻覚を見た。その時の話。

こんばんは、ファルコンM です。 私が第3回UTMF を走った時の幻覚を見た時の話について。 今思えばすごく不思議な体験...

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする