サブ3のペースランナーについていくときの3つの注意点

こんにちは、ファルコンM です。

 

先日のフルマラソンで初めてサブ3を達成することができた。

その時は、35km くらいまでひたすらペースランナーについていった。

もともとペースランナーについていく作戦だった。

 

前回の記事では、サブ3のペースランナーについていく利点を書いた。

 

 

今回は注意点を書く。

 

ペースランナーはサブ3より速いペースで走る

 

ペースランナーは、仕事を全うする必要がある。

ペースランナーがサブ3達成できなかったら、批判が殺到するだろう。次回の大会のペースランナーに声がかからないかもしれない。

 

だからこそ、確実にサブ3を達成するため、ギリギリペースでは走らない。少し速いくらいのペースで走る。

 

サブ3ペースは 4’15/km だが、サブ3ペースランナーは 4’10/km 前後で走るのではないだろうか。

私がサブ3達成した時は、ペースランナーは 4’10/km ~ 4’15/km で走っていた。ペースランナーのゴールタイムは、サブ3より1分以上速かった。

 

サブ3達成を狙うランナーにとっては、この5秒の差分がとても大きい。4’15/km で走る場合と4’10/km で走る場合とでは、体力的、精神的負担が全然違う。

 

もし、サブ3のペースランナーについていくって作戦を取るのだったら、ペースランナーは4’10/km で走ることを想定するべき

練習も、4’10/km ペースで20km を走れるようにしておきたい。

 

そもそも、4’10/km で20km も走れないようなら、もう少し力をつけてからサブ3を目指すことをお勧めする。

 

ペースランナーはペースの上げ下げがある

 

 

ペースランナーは、最初から最後まできっちりサブ3ペースで走れるわけがない。

 

  • 最初の1km は渋滞があって、4’30/km になる。もしくは、ペースが分からなくて 4’00/km になる。ということがありえる。
  • 登り坂ではペースが落ちるし、下り坂ではペースが上がる。
  • 自然にペースが上がっていくかもしれない。逆もあるかもしれない。

 

ペースランナーは一定ペースで走ることも目標にしていると思うが、きっちり一定ペースにならないと思っていたほうがよい

 

もし、ペースランナーについていく作戦ならば、多少のペース変動があってもしっかりついていったほうがよい。

「ペースランナー速いしちょっと距離置こうかな。」って思って、距離を置かないほうがいい。

ペースランナーから離れると自分でペース配分を考えなくてはいけないので、余計な負担が増える。

距離を置いてしまうと、ずるずると離されることになるだろう。

 

給水所はペースダウンする

 

ペースダウンするのは、ペースランナーではない

ペースランナーについていっているランナーだ

 

ペースランナーの周りはランナーが多いので、どうしても給水所でペースダウンしてしまう。実際走って見れば分かるが、給水所手前20m くらいから徐々にペースダウンする。

 

給水所でペースランナーに差をつけられるということがよくある。

ペースランナーに差をつけられると、追いつくためにはペースアップしなければならない。

「やっと追いついた」と思ったころには、次の給水所についてしまった、となりそうだ。

 

ペースランナーについていこうと思っているのならば給水所のペースダウンのことはしっかり頭に入れておくべき

 

サブ4、サブ5 のペースランナーは給水で止まることがあるかもしれない。

しかし、サブ3のペースランナーは給水では止まらない。プロランナー並みの給水をするだろう。それだけサブ3はペース配分がシビアになるのだ。

 

対策として、

  • 給水所が近くなったら、ペースアップしてペースランナーの後ろにつく。
  • 手前の給水を避け、奥の給水を取りに行く。
  • そもそも余裕があるなら給水をしない。

というところだろうか。

 

まとめ

 

今回は、サブ3のペースランナーについていく注意点を3つあげた。

  • ペースランナーはサブ3より速いペースで走る。
  • ペースランナーはペースの上げ下げがある。
  • 給水所ではペースダウンする。

ペースランナーについていくほうがサブ3を達成できる確率が上がる。上記注意点を心の中にしまっておいて、頑張ってサブ3達成してほしい。

 

スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です