星の郷野辺山高原100kmウルトラマラソンでサブ10するポイント

こんにちは、ファルコンM です。

今回は、星の郷野辺山高原100km ウルトラマラソンでサブ10するポイントについて3つ紹介する。

私は、9時間56分24秒で完走した実績がある。それを基にして紹介していく。

星の郷八ヶ岳野辺山高原100kmウルトラマラソン - 「いいね!」3,964件 - 「星の郷八ヶ岳野辺山高原100kmウルトラマラソン」公式ページです!

シューズ交換はしない、着替えもしない

パンフレットには、「前半トレランシューズ、後半ランニングシューズ」のようなことが記載されている。

確かに、前半トレイル区間が15km くらいある。トレランシューズの方が走りやすいだろう。

だが、トレランシューズはシューズ交換に時間がかかる

シューズ交換をするとしたら42km 地点になるはず。

42km走って疲れている状態でシューズ交換しようとすると、手も疲れている状態なのか、いつもよりも時間がかかる。なかなか紐をほどくことができない。

さらに42km 地点は、エイドがコースから離れている。100m くらい余分に走ることになる。

サブ10狙いならば、シューズ交換はせず、ランニングシューズでずっと走り抜くのがいいだろう。トレイル区間は我慢我慢。

着替えもロスタイムが大きくなる。

同じく、疲れている状態での着替えはいつもより時間がかかる。

ゼッケンを付けていたとしても、「脱いで、汗ふいて、着る」のに時間がかかる。

サブ10狙いならば、着替えをせずに走り抜いたほうがいいだろう。

途中は歩いても大丈夫

私がサブ10取った時は、馬越峠は76km ~ 79km は全歩きした。

事前に走ろうと思っていたが、ここまでの疲労で走れる状況でなかった。

ここは無理せず、次の下りのために力を温存する作戦にした。

馬越峠以外にも、74km ~ 76km( 馬越峠の登り区間の中間のエイドまで ) と、90~100km は、歩きと走りの繰り返しだった。

電信柱を目印にしていた。

きつくなったら無理せず歩くのがいいかと思った。

最終的にサブ10できればいいのだ

走るのがきつい勾配では、無理せず歩いて、走れる区間のために力を温存するのがよさそうだ。

平均でキロ5分30秒で走ることを意識する

サブ10達成するためには、平均でキロ5分30秒で走る必要がある。

私は平均してキロ5分30秒になるようにして走った。

  • 平地はキロ5分30秒
  • 登りはキロ6分
  • 下りはキロ5分

これを目安にする。

ロスタイムが大きいところは、

  • エイド
  • 馬越峠
  • 90-100km

私がサブ10達成した時は、上のことを意識した。

サブ10達成時のタイム

10 km 56:54 [ キロ 5:41]

  • 0 – 7 km 平坦
  • 7 -10 km 登り

30 km 2:47:36 [ 区間タイム 1:50:42 キロ 5:32 ]

  • 10-20 km 登り
  • 20-23 km 下り
  • 23-30 km 登り下り

50km 4:30:20 [ 区間タイム 1:42:44 キロ 5:08 ]

  • 30-34 km 登り下り
  • 34-38 km 登り、おしるこエイドロス
  • 38-50 km 下り

70km 6:35:05 [ 区間タイム 2:04:45 キロ 6:14 ]

  • 50-66 km 登り下り、そばエイドロス、59km エイドロス
  • 66-70 km 登り

90km 8:47:04 [ 区間タイム 2:11:59 キロ 6:36 ]

  • 70-74 km 登り、そばエイドロス
  • 74-79 km 馬越峠登り
  • 79-85 km 下り、うどんエイドロス
  • 85-90 km 平坦

100km 9:56:24 [ 区間タイム 1:09:20 キロ 6:58 ]

  • 90-97km 登り下り
  • 97-100km 平坦

エイドロス、馬越峠ロス、90-100km ロスも考慮して上手いこと走れているような気がする。キロ5分30秒で走ることを意識すれば、いい感じで行ける。

まとめ

私は野辺山100km ウルトラマラソンでサブ10できるとは思っていなかった。

だが、今回説明したようにある程度の走力と戦略さえあれば達成できる。

野辺山100km ウルトラマラソンのサブ10は決して夢物語でない!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする