パソコンチェア デスクチェア ギャビン(GAVIN)の組み立て方

こんばんは、ファルコンMです。

新しいパソコンチェア キャビンを購入した。

今まで使っていたイスが古くなった。

というのと、安物で座り心地が悪かったため。

肩こり解消にも役立てたい。


パソコンチェア デスクチェア ギャビン ハイバック 回転椅子 パソコンチェア デスクチェア PCチェア OAチェア 事務用椅子 イス ワークチェア 作業イス 作業チェア

購入して、家に届いて、いざ組み立てよう!

と思ったが、説明書が分かりにくい。

もっと図がほしい。

これだけだとちゃんと組み立てられるかが不安だ。

ってことで、自分で組み立てながら組み立て方を作ってみた。

部品一覧

① ベース、②主軸、③背部パーツ、④座面、⑤肘パーツ

左から、レンチ、ワッシャー小×6、ワッシャー大×6、55mmネジ、28mm ネジ

主軸のキャップ? 。( 私のところは使ってませんが、特に問題なし。)

背部パーツと座面パーツの結合

座面パーツに背部パーツを差し込む。

その後、55mm ネジを2つ使って、締める。

差し込むときはしっかり奥まで差し込む。差し込みが不十分だとネジが閉まらない。ネジを回しても締まらないときは、奥まで差し込まれていない。力を入れて押し込んでやれば、奥まで差し込まれる。

差し込むのは大変だった。

肘パーツと座面パーツの結合

座面の下にネジ穴があるので、そこと肘パーツの穴を合わせるようにする。

肘パーツはあらかじめネジを差しておく。

ワッシャーも通しておく。

ワッシャーは写真の手前側が小、奥側が大。

肘パーツで差し込んでおいたネジを抑えながら、座面パーツにくっつけて、ネジを締めるのは難易度大。しっかり肘パーツを抑えていないと、ワッシャーが転がっていく。

難しいなら、2つだけネジを差しこんでおいて、座面パーツと結合した後、2つのネジを軽く締める。その後で、3つ目のネジを締める。ワッシャーも忘れずに。

この方法の方が、やりやすいかもしれない。

ベースと主軸と座面背面の結合

ベースに主軸を差し込んで、主軸のキャップを差し込んで、背面パーツと座面パーツと肘パーツを結合したものを差し込むだけ。差し込んで終わり。ここは簡単。

主軸のキャップを入れるのを忘れずに!

完成

こんな感じ。

座り心地はいい。

首までの背もたれがあるのもいい。

肩こりもきっと改善されるだろう。

組み立て方が雑だったので、組み立てに30分くらいかかった。

今度は使い心地も書いていきたい。


パソコンチェア デスクチェア ギャビン ハイバック 回転椅子 パソコンチェア デスクチェア PCチェア OAチェア 事務用椅子 イス ワークチェア 作業イス 作業チェア

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする