風水生活1 「トイレ掃除」

こんばんは、ファルコンMの妻です。

今日は、20代の頃に どハマりした

風水を取り入れた生活について書きます。

とにかく、トイレ掃除!

20代、前途多難な未来に果敢?に挑んでいた若かりし頃。

まぁいろいろな予想外の難題が出てくる出てくる。

特にヨーロッパで勉強中。

隣人の奇行だとか、真夜中、家の前でゲイ同士の性暴行未遂があるとか

家の大家が曲者で弁護士にお世話になったりとか

留守中に空き巣にやられ、現金はそのまま、アドレス帳だけ無くなったとか…

本当に留学中は、勉強以外(滞在許可証の申請、学校手続き、

諸々公共機関への諸手続き、語学の修練・・・etc)

やること満載なのに、それらのトラブルまでやってたら

本業が追っつかない!!!!!

怒!!!!!!!!!!!!!

いかに、これを回避すべきか・・・いろいろやりました。

魔除け、とかも。笑。 で、

いちばん効果覿面だったのが、風水。

トイレは、部屋のどこにあっても凶相・・・。

なので、とにかくいつも、ピカピカに!!!

ヨーロッパのトイレ事情。日本のように通気性を考えていたり

ウォッシュレットや掃除がしやすい等のホスピタリティ?は

無い(2000年当時無かった)。

5回引っ越しをしましたが、どの家もトイレに窓はありませんでした。

それどころか、シャワールーム(ビデ便器あり。笑)に隣接していて

換気扇も心なしか付いている、ようなところばかり。

ヨーロッパは常に乾燥しているけど、

さすがにシャワー使ったあとは湿気がこもる。

だもんで、トイレの扉、シャワールームの扉は定期的に開放

(同時に部屋の窓も開放)

壁、床の拭き掃除はもちろん、水タンク、便座も水拭き、

便器は柔らかブラシでコシコシ磨き、

ペーパーホルダーも、ネジの穴まで綿棒とかでホジホジ、

ホルダーカバーも、便座カバーも、トイレマットも

定期的に洗濯!!!!

トイレ掃除をしている人は、成功者が多い!?

以前、北野武さんのインタビューで、

若い頃、師匠から、「トイレを綺麗に掃除しろ」と言われ

30年以上、自分の家のトイレだけでなく、ロケ地のトイレ、

公園、ご近所のトイレも掃除したそう。

そして。宝塚音楽学校も、常に徹底的に掃除をしなければならない。

天海祐希さんも著書で、「音楽学校はどの部屋もみんなピカピカで

トイレだって頬ずりできるほどの清潔さだ」と書いています。

頰ずりできるくらいの綺麗さ・・・、凄いですね。

成功の秘訣は、まさにトイレ掃除にかかっているのでは!?

と、これらの事例だけでも確信が持てそうです・・・!

自分はどうなのか?

結婚してから半年、2度の妊娠→流産→寝たきりをしていて

徹底的な掃除はあまりできませんでした・・・。

毎日の換気、週2回程度の掃除機、ゴミ出しの日だけの水周り掃除・・・

風水のことなんて、すっからかんに忘れていました・・・。

先月、少し元気が出てきた頃、突然「そうだ、トイレ磨こう」と思い立ちました。

そう。いろいろあったヨーロッパ生活でしたが、

風水を取り入れ始めたことで、あれよあれよと解決し始め、

思い返せば、今までの人生の中で、あの時代が一番、充実していました。

その頃を思い出し、毎日、トイレを磨き始めました!

結果は・・・未来に期待♪



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする